2018/01/18

VLOG 111



乗り換えが遠いことで有名なこの駅。

検証してみました。
2018/01/13

VLOG 110



レトロな港のロープウエイに

20年ぶりに乗りました。
2018/01/12

VLOG 109



モンジュイックの丘の頂上に建つ

昔の要塞

モンジュイック城へ行ってみました。
2018/01/08

VLOG 108



今回のゲストは、日本からバルセロナへ来られ

現在は単身赴任地、四国の今治でサッカーに情熱をかける高司さんです。

2018/01/06

独立問題に絡むバルセロナの観光の現状と展望(2018.1.6更新)

1-IMG_0422121.jpg

12月21日にやり直し選挙となる、カタルーニャ州議会の議員選挙がおこなわれその結果、独立賛成派の議席数が過半数を超えました。個人的には独立反対派が勝利して、この一連の独立騒動と混乱がどんな形でも良いので早期に収拾するのを願っていましたが、その希望通りにはいきませんでした。

さて、日本からバルセロナへの旅行計画をたてようと考えている方が一番知りたいこれからについては。。。  正直に言うと、今後何時どこで何がおこなわれ、それにより影響がどのように旅行者出るのか? については、無責任と思われるか知れませんがさっぱり分かりません。

カタルーニャ州政府とスペイン中央政府、また独立賛成派と反対派。それぞれが相対的な関係にある上に、更にEUや経済問題も微妙に絡みますので当事者達も含め誰も先を読めないのが本当のところかと思います。

さて、バルセロナでは12月のクリスマスから年末年始そして1月7日までが、基本的にホリデー期間になります。なのでこの期間は大きな動きはまずは無いと思いますし、実際に本日5日まで全く動き無く異常なほどの静まりを見せています。ただし、決してこの騒動が終わった訳ではなく、次に何か動きがあるとするならお休みが明ける1月8日以降でしょう。その辺りから刻々と変わる状況、旅行観光の障害となる影響などをなるべく日本の方に分かり易く、リアルタイムにお伝えしていくつもりです。

あと、最後に一つだけ言えることは。。
バルセロナ旅行には未だにリスクがあり、それはこれからも残念ながら当分続いて行くという事です。

以下は11月に書いたまとめの記事なのですが、現状を見る限りこれからも当分は有効と思いますので、まだ読まれていない方は一読ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

独立選挙以降のバルセロナの治安、安全、ストやデモの状況について、これまで何度もツイッター、また動画でお伝え説明して来ました。ただ、未だにバルセロナの現状を教えて欲しいと問い合わせを頂きます。そう言う方達のために再度ここで説明させて頂きます。

まず、日本から旅行で来られる方にとって重要なのは2点


【治安と安全】
これに関しては全く問題ありません。街は平常通り、またデモも子供達、ベビーカーに乗った赤ちゃん、妊婦さん、お年寄りなどが多数参加していることがUP済みの動画で確認できるはずです。なので、これに関してはリスクゼロ、日本と同じと思ってもらってこれからも間違いありません。


【観光スポットの営業、公共交通】

選挙の後にゼネストがあり、1日街が大混乱となりましたがそれ以降はあっても小規模なもので観光には殆ど影響は出ていません。ただし、まだ完全に収束したと言う訳では無く、これからも流動的なところが多々あり何とも言えません。なので、このリスクに関しては5~10%ほどはあると認識しておいてください。数字の根拠はストが小規模化して来ており、前回のデモは市内中心の影響が大きいグラシア通りを外して行われたなど、主観と言えばそれまでですが、かなり沈静化しているのは間違いありません、


アドバイスとしては。。
旅程は余裕をもって計画するのと、「カサ・ミラ」「カサ・バトリョ」は時間に縛られない、いつでも入場出来るオープンデートチケットもしくはプレミアムチケットを購入するようにして下さい。理由は、その2つがデモが行われるグラシア通りに面しているから。また、大規模なデモやストは数日もしくは前日までに発表されるので、日時指定の無いチケットでしたらその際には臨機応変に対応できる利点があり、少々高くはなりますがその価値は十分あると思います。


質問の答えは。。
目先の数日までは大体予想がつきますが、2週間、1か月、半年先のストやデモが何日の何時にあるか?のような質問をされても正直分かりません。実際のところ、プロのマスコミ新聞記者でも誰も分からないのですから、それを知ろうとする行為自体が無駄です。


やって欲しいことは。。
現状を冷静に判断し行動すること。
尚、それは人に頼るんではなく自分ですることです。

個人的には観光業の端くれにいるので、日本から皆さんに来て欲しいと言うのは正直ありますし、ここバルセロナで観光業に従事している人は誰もが皆そう思っています。ただし、心配している方、迷っている方でもっと先の落ち着いた時期にバルセロナに来れる方なら、わざわざ今来なくても落ち着いてからで良いと思います。また一方で、既に航空券やホテルなどの予約済みの方は、キャンセル料を払ってまで旅行を取りやめるのはお金の無駄。実際もし私の日本の家族、友人達が既に予定を立てていてバルセロナに今来たいと言うなら「心配しなくても取り合えず大丈夫」と答え、同じようなアドバイスをします。

繰り返しになりますが治安と安全に関してはリスクゼロ、ただし観光に関して言うとそれはゼロで無く5~10。これをどう考え、どう受け取るかはその人次第と思います。


最終更新:2018年1月6日