一般公開開始。

Category : 日誌
   アマトリェール
カサ・バトリョの隣に建つ、カサ・アマトリェール。
ガウディもこの建物に負けないようにと気張ってカサ・バトリョを改装したんですよ。
20か月の改修を経て、昨日(3月13日)から一般公開が始まりました。



 アマトリェール 
1グループ12人のガイド付きツアーのみ。
天気も良くないし、有料(15ユーロ)だからスペイン人はあまり来ないだろうな、と甘く見ていたら大間違い!
電話予約が出来るみたいで、15分前に到着した時にはカタラン語のツアーは空き無し。
スペイン語、英語のツアーは狙い目のようで私は11:30~のスペイン語のツアーに潜り込む事が出来ました。


アマトリェール 
10分くらいの映像でアマトリェール氏について、この建設&全ての装飾まで手掛けたプッチ・イ・カダファル
クの説明があります。
そのあとに食堂を見学。グラシア通りに面していないので静かで明るい。


アマトリェール

食堂にあるレリーフ。左に海老、右に蟹、上には鶏。
それぞれの部屋の入口にはそれを意味するレリーフがあり、それを見るとその部屋の目的や誰の部屋か
が分かるようになっているのが面白い。


アマトリェール

アマトリェール氏のコレクションルーム。
彼はチョコレート王の顔の他に、陶器の収集家と写真家の顔も持っていました。
今回の改修の際には邸宅内を撮影した写真が大いに役だったそうですが、白黒写真だったため色に
ついては想像で再現したところもあるそうです。


1時間のツアー。
1フロアのみ見学で屋上などはツアーの中には含まれていません。
2か月のお試し公開らしいですが、バルセロナの新しい観光スポット誕生。
ネット予約は現時点では出来ません(http://fundacionamatller.org/

見学時間     11:00h 英語
          12:00h   カタラン語
                   13:00h スペイン語
                   15:00h 英語
                   16:00h カタラン語
                   17:00h スペイン語      
                   18:00h カタラン語            

※希望者が多い場合はツアーの回数を増やすようです。
※ハイヒールの人は、スリッパに履き替えさせられてました。他の人は鑑識のように靴カバーを渡されます。



by   yolanda.png








プロフィール

HILL

Author:HILL
時代は赤身肉!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク